ナナピコのアフィリエイトと旅行記ブログ。

世界中いつでも好きな場所で仕事出来たらいいなと夢見る30代主婦のライフブログ。これまで行った旅行の記録&サイト運営・アフィリエイトの記録など。

住宅ローン減税 ふるさと納税 併用 住民税

アフィリエイト関連 会計・青色申告

【会計ど素人メモ④】ふるさと納税とは&住宅ローン控除と併用したい場合について。

投稿日:

こんにちは、相変わらず税金について時間を費やしてしまっているナナピコです。

でも大分理解できるようになってきました。(たぶん)

freeeでもだいたい収支を入力出来、課税所得がどれくらいになりそうかの見込みが見えてきました!

そこで再び気になってきたのがふるさと納税。

これについて調べて、現時点で私が理解したことをメモします。

  • ふるさと納税とは、翌年支払う住民税から【ふるさと納税した額-2,000円】が控除される仕組み。
  • つまり、住民税を好きな地方に前払いして、2,000円の手間賃でお礼の品を貰うようなイメージ。
  • ただし、翌年住民税から控除される額の上限は、最大で【住民税額×20%】(平成27年12月時点)。
  • 住民税の額は、自治体によるがおよその目安は【課税所得×10%前後】。
  • 会計ソフトfreeeでは、【決算メニュー→確定申告書類の作成→確定申告書B→26項:課税される所得金額】で現時点での課税所得が見れる。

こんな感じでしょうか。

そしてあと、個人事業主的に大きなメリットなのかなと思ったのが、

通常通り住民税を支払うと課税所得の控除にならないが、ふるさと納税をすると課税所得から控除される

という点です。

これ合ってますよね?たぶん。間違っていたら済みません。

どういうことかというと、通常 住民税の支払い分は所得控除にはあたりません。

ですが、ふるさと納税をすると「寄付金」というカテゴリーに当てはまるためか?確定申告書の「所得から差し引かれる金額を編集」という項目内の「寄附金控除」というところに記載できます。

すると課税所得からその金額が控除されるので、節税になるんですよね!

例:
2万円ふるさと納税したら2万円課税所得が減る
→住民税で約2,000円、所得税が5%なら1,000円、10%なら2,000円の節税になる計算です。

そんなわけで、上限分ふるさと納税したいところ。

なのですが私はもう一つきになることがありました。

住宅ローン減税と併用する場合は?

私は住宅ローンを組んでいて、住宅ローン減税を受けています。

住宅ローン減税はものすごく簡単にいうと、

住宅ローンの残高×1%(上限あり)にあたる金額を所得税から控除する。

というものです。

ただし気にしなくては行けないのが、所得税から控除しきれない場合は住民税から控除されるということ。
(※参照:http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/090929.html

なので、この住宅ローン減税額がものすごく大きくて、所得税と住民税がそもそもあまりかからない場合は、ふるさと納税で控除される枠が無くなってしまう可能性があるようです。

例:
住宅ローン減税が20万円、所得税5万円、住民税10万円の場合
→所得税5万+住民税10万=15万円が住宅ローン減税で免税されるため、ふるさと納税を控除する分がない。

自分の場合は住宅ローン控除額がそんなに大きくないので、支払う住民税はまだまだありそうだったので大丈夫でした。

そんなわけで、ふるさと納税で得出来るおよその額も分かったので、早めにどれにしようか決めたいと思います。

でももう売り切れ続出という噂も。。何かオススメがある方、是非教えてください〜!

-アフィリエイト関連, 会計・青色申告
-, ,

Copyright© ナナピコのアフィリエイトと旅行記ブログ。 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.