ナナピコのアフィリエイトと旅行記ブログ。

世界中いつでも好きな場所で仕事出来たらいいなと夢見る30代主婦のライフブログ。これまで行った旅行の記録&サイト運営・アフィリエイトの記録など。

モルディブ ヴィヴァンタ バスルーム

2014/9モルディブ旅行 申し込み〜出発まで

3.絶対知っておくべきモルディブのホテル選びポイント

更新日:

モルディブにはかなりの数のリゾートがあり、地球の歩き方などを見ても各ホテルについて延々と紹介が載っているのですが、正直それを見ていてもどれにしたらいいのか、サッパリ決められません!
(というかどこも酷いところは無いのでどれを選んでもそんなに失敗はないのかもしれません)

ですので、主に以下の項目で自分がどれを優先したいかをはっきりさせて、その項目の評判のよいホテルで絞って行くのが効果的だと思います。そして、

 

気になるホテルがあったら

価格&口コミサイトでレビューをチェック

 

というやり方が私たちは効率的でした。

特に以下の項目で自分がどれを最優先したいのか考えて探して行くと良いと思います。

項目1:部屋での滞在

いかにもモルディブらしい水上コテージで優雅な滞在したいのであれば、ラグジュアリー系のホテルを選ぶのがおすすめ。

海に降りる階段が欲しい、ガラス床の部屋が良い。。など譲れないイメージがある場合は、その設備があるリゾートで絞ります。

地球の歩き方モルディブには、各リゾートについてそういった設備やハウスリーフはあるか、ドロップオフはあるかなどまで詳細な項目を一覧にした表があるので、これはとっても重宝しましたよ!

項目2:ハウスリーフ

美しい薄い水色の海に囲まれたいのなら遠浅のハウスリーフ、コテージから階段でそのまま海にはいってシュノーケリングを楽しみたいのであれば、コテージすぐそばにドロップオフのあるところなど。

こちらのサイトにハウスリーフについてまとめてあるので参考にしてみてください。

ただし、今回私たちはハウスリーフが良いと言われているところにしたのですが実際はここ数年でかなりダメージがあり、あまり水上ヴィラ周辺のシュノーケリングは期待したほどではありませんでした。

ですので最新の口コミなども良く読んだ方がいいと思います。

項目3:食事

毎日ホテル内のレストランで食事をするので、滞在が長ければ長いほど食事のクオリティは重要になってきます。

レストランの数や、食事の種類などはガイドブックでチェック、クオリティなどはあまりパンフレットなどではわからないので、口コミを参考にするのが良いです。

項目4:アクティビティ

マリンスポーツをアクティブに楽しみたい場合は、マリンスポーツがさかんな島を選びます。小さい島はこじんまりしていて静かなところが多いのでマリンスポーツは多くないようです。

ヴィヴァンタも60部屋程度、一周5分の島でしたので、あまりマリンスポーツはやっていませんでした。

項目5:オールインクルーシブプラン

ホテルによっては、食事やアクティビティなどの費用を全て含む

オールインクルーシブ

というプランを設けているところも多くあります。

オールインクルーシブですと、毎回食事やアクティビティをする際に費用について心配しなくて済むので人気です。

ただ、ホテルによってはアルコールは別料金、メインレストラン以外は別料金など色々と制限もありますので、どちらにするのが良いかは詳細をしっかり確認しましょう。

項目6:到着日にリゾート入りをしたいかどうか

モルディブの玄関マーレには、日本からの場合ほとんど夜に到着します。

なので、遠い環礁のリゾートなどの場合、当日はマーレのホテルで一泊し、翌日にリゾートに移動するというパターンのところもあります。

 

こちらにはメリットとデメリットがあり、メリットとしては一泊分が安いマーレのホテルになるので旅費が抑えられるという点です。

デメリットとしては、長い空の旅の後、マーレに一泊してまた翌日に移動しなくてはならないという気持ちの点と、日程が短い場合はリゾートでの滞在時間が減ってしまうという点。

 

ですので、日程が4泊以下の日程が短い場合は当日移動出来るところ、5泊以上でゆとりがある場合は離れていてもいいのではと思います。

-2014/9モルディブ旅行, 申し込み〜出発まで
-,

Copyright© ナナピコのアフィリエイトと旅行記ブログ。 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.